言語聴覚士の青年海外協力隊での活躍:言語聴覚士の国家試験、求人.情報局

言語聴覚士の青年海外協力隊での活躍

言語聴覚士は青年海外協力隊でも活躍している.

ある方は,病院のリハビリテーション科で言語聴覚士として7年間勤務した後に,2年間青年海外協力隊としてメキシコで言語聴覚士と活動したそうだ.

だ.

その派遣の目的は,市のリハビリテーションセンターに言語療法室を開き,言語聴覚療法を行なうことだった.

リハビリテーションセンターの勤務時間は,月曜から金曜の朝8時から午後3時までだ.

初めの1ヶ月半は開設するための準備として,小児,成人用の検査訓練のための教材や検査用紙を作成したり,訓練に必要な用具を収集したり,言語室の整備をしたそうだ.

その後,言語療法室を開設して,宣伝効果もあり開設直後から予約の患者さんでいっぱいだったようだ.

基本的には個別訓練を重視するようにして,訓練の時間は1時間としたが,希望者や軽度の対象者が多く,2人のグループにしたり,30分の訓練時間にする場合もあったそうだ.

患者さんの8割が小児で,言語発達遅滞,聴覚障害,口唇口蓋裂,自閉症,吃音,構音障害などの障害をもった子供が対象だ.

成人は,吃音,脳卒中の後遺症による失語症,嚥下障害,構音障害などが対象だ.

苦労したことは,現地の方は訓練に行けば,それだけで良くなると思ってくる人が多くて,家族に説明するのに言葉や文化の違いで,なかなか思ったように上手く説明できなかったことだそうだ.

そのため,お楽しみ会などのイベントを開くことで,説明の場を設けたりもしたようだ.

この言語聴覚士の方は,たくさんの人に恵まれ,すばらしい友達ができ,旅行では決して味わえないような,貴重な体験をすることができたようだ.

もし青年海外協力隊に興味がある言語聴覚士の人がいたら,行ってみると良いかもしれないね.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://gengotyoukakushi.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/100