「ことばの教室」について:言語聴覚士の国家試験、求人.情報局

「ことばの教室」について

「ことばの教室」とは,言語や聴覚に障害のある児童や,ことばの発達が遅れている児童を対象にした教室のことで,主に小学校を中心に設置されている.

「ことばの教室」では,言語聴覚士が教員となって指導している小学校もある.

聞くことに障害があると,ことばの発達が遅れてしまったり,正しく発音できなくてうまく話すことができなくなる.

正常に聞くことができても,正確な話しことばが使えない子どもも多い.

聴こえやことばの問題は,そのままにしておくと学習に適応できなくなったり,性格に悪影響を与えたりするなど,子どもの成長に問題を起こす要因ともなる可能性がある.

障害の疑いのある子供は,正しい指導を行い,子供に秘めた能力を存分に引き出せるような援助が必要になる.

「ことばの教室」での目標は,障害をもつ子供たちのコミュニケーション能力を向上させ,学習や日常生活において,自分自身の判断で取り組むことができる態度を育成することだ.

また,子供の持つ特別な能力を十分に発揮し,学校や社会での生活に適応できるようにする.

「ことばの教室」の主な指導内容は次のとおりだ. ・正確に発音できるようにする.

・正しい話し方や読み方ができるようにする.

・話しことばをスムーズにできるようにする.

・ことばを正確に聞き取ったり,ことばの数を増やせるようする.

・正しい補聴器の装用の仕方.

・子供をより理解してあげるための保護者へのサポート.

このように「ことばの教室」では,言語聴覚士のようなことばや聴こえに関して,誰よりも理解してくれる教員が親身になって指導してくれる.

そして,障害をもった子供たちに勇気と希望を与えている.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://gengotyoukakushi.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/115