言語聴覚士の役割:言語聴覚士の国家試験、求人.情報局

言語聴覚士の役割

自分自身や家族が,耳の聴こえが悪かったり,ことばに障害があるように感じたら,どのようにしたらよいのだろうか.

まずは言語聴覚士のいる病院に行って受診してほしい.

医療機関によっては,ことばと聴こえの障害に専門的な言語聴覚士が相談や訓練をしている.

老人性難聴の場合には,まず耳鼻科の専門医と相談してほしい.

そして,言語聴覚士のいる病院や補聴器適合士のいるお店を教えてもらってほしい.

また,子供さんの障害の場合には,教育機関,福祉施設,医療機関のそれぞれにおいて相談や療育を行なってサポートしている.

教育機関では,養護学校や聾学校,教育センターなどで相談を受けつけている.

また,何か心配なことがあれば,健診の時などに保健センターで相談してみるといいろう.

健診の時でなくても,保健センターではいつでも相談にのってくれるので,気軽に問い合わせてみてほしい. きっとよい方法が見つかるはずだ.

医療の領域においては,ことばや聴こえの障害について,もっとも歴史が浅いだ.

病院では,難聴だと診断したり,生まれつき口蓋が裂けている口蓋裂などの,医療的な手術やそれを治療することは,以前から行われてきた.

しかし,医療機関でことばを取り戻すための治療やそのための訓練は,最近やっと行われるようになった.

まだまだ言語聴覚士のいる病院は少ないかもしれないが,もし子供さんの発達障害や難聴などについて心配なことがあれば,言語聴覚士のいる病院や施設に相談してみてほしい.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://gengotyoukakushi.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/119