女性が活躍する言語聴覚士:言語聴覚士の国家試験、求人.情報局

女性が活躍する言語聴覚士

言語聴覚士を目指す学生は,女性の比率が高いようだ. その理由は,患者さんにとって女性の言語聴覚士のほうが,接しやすいということだ. リハビリテーションを行なう現場では,患者さんが不安で緊張してしまいがちだが,女性が相手だと空気が和みやすくなるようだ. 言語聴覚士の仕事は,患者さんと個室で一対一で向き合うので,落ち着いた環境を作り出すことは言語聴覚士として大切なことだ.

また,出産と子育ての経験がある言語聴覚士なら,患者である子供さんのお母さんと,同じ母の立場として親身になって話ができるということもある.

さらに,家庭をもっていて子育て中の言語聴覚士にとっては,働いている環境はとても良い.

言語聴覚士の特徴は,医療職だが当直や夜勤がないということだ.

外来などの診療時間は決まっているので,時間をうまく使える仕事だ.

また,病院や福祉施設には保育所があるところがほとんどで,女性が働きやすいように整っている.

なので,結婚しても仕事を辞めることは,ほとんどないようだ. もし一時的に辞めても,他の職場で意欲的に復帰できる.

このように言語聴覚士の仕事は,生活と両立しながら働けるのだ.

また研究熱心な人は,研究職を意欲的に目指して,ずっと勉強しながら働くこともできる. 臨床という現場では,患者さんのことを一番に考えるので,疑問などがたくさん出てくる.

だから,言語聴覚士には研究に熱心な人が多いようだ.

ブックマークに追加する ▲サイトTOPへ

関連記事

スポンサードリンク

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://gengotyoukakushi.bpoffice.net/mt/mt-tb.cgi/125